沖縄県のリフォーム業者 テンリフォーム

テンリフォームの新着情報

リフォーム!オープンキッチンのメリット・デメリット!
2017年09月09日

女性にとってキッチンは大切な場所です。家族と過ごすなら、なおさらこだわりたいところですよね。オープンキッチン・セミオープン・独立型などいろいろな種類のキッチンがあります。
今回はオープンキッチンについてのメリット・デメリットについてお話させていただきます。キッチンをリフォームする際は一度読んでいただければ幸いです。

 

~オープンキッチンのメリット・デメリット・注意点~

 

●メリット

大きなメリットの一つとして部屋が大きく見えることがあげられます。

壁やカウンターなどの区切りになるものがありません。

リビングが見えるのでとても開放感がある仕上がりです。

 

オープンキッチンにも壁つけと対面式の2種類があります。

最近では対面式が人気となっています。

 

一方壁付けタイプは、家族に対して背中を向けるタイプですが、空間を広々と使えるので、スペースをうまく使いたい人にお勧めです。

オープンキッチンは家族とのコミュニケーションがとりやすいことが挙げられます。

 

リビングは家族がよく集まる場所です。リビングとキッチンの間に壁がないことで会話も生まれやすくなり、家族が仲良くなることも期待できます。

 

また、お子さんはリビングとキッチンに壁がないので自由に行き来しやすくなり、お手伝いが自然とできる環境でもあります。

 

●デメリット

手元が丸見えになります。キッチンは普段から使うところなどで汚れができやすいです。

毎日こまめに掃除をしていれば、そこまで気にならないですが、知り合いを家に招いた際に、散らかっていると丸見えです

 

また、臭いや音もリビングにそのまま流れるので、焦げたにおいなどはただただ不快ですし、料理の音などリビングに響き、リビングでの作業に集中でいないなどがあげられます。

 

●注意点

対面式の際でよく見かける失敗は、以前より狭くなり、使い勝手が悪くなったというものです。

壁付けのオープンキッチンから、対面キッチンにプラン変更した時によく起きます。

 

原因としては壁付けオープンキッチンと対面キッチンでは、必要な面積が変わってきます。

壁つけから無理にオープンに変更したあまりゆとりがないオープンキッチンができてしまうといった感じです。

皆さんもオープンキッチンをお考え御場合はキッチンの広さなも視野に入れて考えましょう。

 

●最後に

いかがでしたか?

オープンキッチンにもメリット・デメリットがあります。

一度ご購入を考えている方は購入前に部屋の広さや家族のことを考えてた上で決断を行いましょう。

リフォームに関するお問合せ