トイレリフォームで失敗しないために!沖縄の職人に学ぶ、リフォーム費用

テンリフォームの新着情報

トイレリフォームで失敗しないために!沖縄の職人に学ぶ、リフォーム費用
2017年11月08日

「トイレリフォームの予算が分からない」
「リフォームのパターン別の相場が知りたい」
といった悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

一口に「トイレリフォーム」と言っても、様々なタイプのリフォームがあるので、当然リフォームのタイプによって予算も異なってきます。
今回は、タイプによって異なるトイレリフォームの費用相場をご紹介しようと思います!

【ケース別トイレリフォームにかかる費用】

・汲み取り式から水洗トイレ

汲み取り式のトイレを水洗トイレにリフォームする場合は、トイレ自体の作りを変えなければなりません。
そのため、どうしてもリフォーム費用が高くなってしまうことを頭に入れておいてください。
費用相場は80万円程度で、既存のトイレの処分費用と合わせると100万円を超えてしまうこともあるでしょう。

汲み取り式から水洗トイレにリフォームしようと思っている方は、予算内に収まるかどうか一度業者の人にも聞いてみることをおすすめします。

・和式から洋式

和式トイレを洋式トイレにリフォームする場合には、段差をなくす、便器・床・壁などの解体、内装工事と大がかりな工事になることが考えられます。
工事内容や選ぶ便器・内装によって費用が大きく変わってくるため、費用相場も30~80万円と開きがあります。
こちらも、工事内容や予算について業者の人に問い合わせてみた方が良さそうですね。

・洋式から洋式

もともと洋式トイレだったものを、新しいものに交換する場合の費用は、20~60万円程度です。

便器はスタンダードで15万円程度の便器から、最近注目されている30万円程度のタンクレストイレなど、種類によって費用が異なってきます。

したがって、便器を選ぶ際には自分が必要とする機能を兼ね備えたものを選ぶと良いですね!

・2階にトイレを増設する

一戸建ての家に住んでいる方の中には、「2階に新しいトイレを設置したい」と考える方もいらっしゃるでしょう。
トイレを増設する場合にかかる費用は40万円~となります。
スペースは1畳ほどのスペースがあれば増設が可能になってきます。

ただ、トイレを設置する場所の周辺に給排水管がない場合は、給排水管の設備工事費用が余分に必要になってきます。
そのため、2階にトイレを増設する場合は施工会社に見てもらい、相談してみましょう。

 

いかがでしたか。
トイレのリフォームといっても、今のトイレがどのタイプかによってかかる費用は大幅に変わってくることがお分かりいただけたでしょうか。
何度も言いますが、費用の面で気になることがある時には、業者の人に相談してみると良いと思います。
参考にしてみてくださいね。

リフォームに関するお問合せ