Ten Reform
コンセプト
CONCEPT
施工実績
WORKS
リフォームQ&A
FAQ
お客様の声
VOICE
会社案内
COMPANY
リフォームのヒント
BLOG
沖縄の職人に学ぶ、トイレリフォームで失敗しないためのポイント
2017年12月2日
'

初めてトイレのリフォームをしようと考えている方の中には、「リフォームを成功させるために何をしたら良いか分からない」と悩んでいる方がいらっしゃるかもしれません。
そんな方のために、今回はトイレリフォームにおいて考えるべきポイントをご紹介しようと思います!

・機能と予算を考える

トイレの中には、便器のフタが自動で開いたり、自動で水が流れたり、と最新の機能がついているものがありますよね。
それらの機能がつくと確かに便利かもしれません。
しかし、身体が不自由でない限り、最新の機能がついていなくても不便は無いことがほとんどです。
色んな機能をつけることで費用も高くなってしまうので、自分たちの生活に本当に必要な機能だけをつけるようなリフォームにしましょう。

・空間を広くとる

空間の問題でいえば、トイレのスペース自体、あまり広くとられていない家がほとんどかと思われます。
もともと狭いスペースなのに、そこに大きな便器のトイレを導入すると、余計に窮屈な空間になってしまいますよね。
したがって、トイレの便器を選ぶ際にはトイレを設置する空間の広さに合わせたものを選ぶようにすると良いでしょう。

・床材に注意する

トイレは水回りであるので、どんなに注意していても水しぶきが回りに飛び散ってしまうことがあります。
その時、もし床材が無垢材であれば、黒い染みとなって浮き出てしまいます。
無垢材は天然素材で豪華にも見えますが、染みができてしまうと拭いただけでは取れず、表面を削るなどの処置が必要になってきます。
たった一つの染みが原因で、きれいにするための処置をしなければならなくなるのは嫌ですよね。

したがって、トイレの床材を選ぶ際には防水性に富んでいて、塩素やアンモニアに強い素材を選ぶことをおすすめします。

・手洗い場、鏡、棚を取り付ける

広いトイレで予算に余裕があるならば、トイレ内に手洗い場、鏡、棚を取り付けるのが良いでしょう。
手洗い場や鏡は自分たちが使うだけでなく、来客の際にお客さんが使うことも考えられるので、常に清潔であるように心がけましょう。

棚は掃除用具や替えのトイレットペーパーが収納できるぐらいの大きさであるのが理想です。もし棚を設置できなくても、収納ボックスを置くなどして、トイレ用備品が人目に触れないような工夫をすることが大切ですね。

 

いかがでしたか。
実際にトイレリフォームを業者の人に依頼する前に、最低限考えておくべきことや、注意するポイントを頭に入れておきましょう。
納得のいく理想のトイレリフォームになると良いですね!

合同会社テンリフォーム
〒904-0034 沖縄県沖縄市山内4-1-15
TEL 098-923-2715 FAX:098-923-2716
Google Map
©️ Ten Reform All Rights Reserved.