沖縄で内装リフォーム!おしゃれなお風呂にするための3つのポイント

テンリフォームの新着情報

沖縄で内装リフォーム!おしゃれなお風呂にするための3つのポイント
2017年12月06日

沖縄県にお住まいの方で、「オシャレなお風呂にしたい!」とお風呂リフォームを考えている方はいらっしゃいませんか?
せっかくリフォームをするなら、他人に自慢できるようなお風呂にしたいと思いますよね。

そこで今回は、同じ沖縄県でリフォームを手掛けるリフォーム会社の職人が、おしゃれなお風呂にリフォームするためのポイントをご紹介しようと思います。

■輸入バスタブ

「オシャレなお風呂」と聞いてイメージするのがこの輸入バスタブ。
「輸入バスタブ…?」と名前だけではどんな浴槽か分からない方も、「猫脚バスタブ」と言えば思い浮かぶのではないでしょうか?

そう、外国の映画などでよく見かける脚がついたタイプのバスタブです。
脚の独特な曲線が猫の足のようであることからこのように呼ばれていて、輸入バスタブのイメージの代表になります。

豪華な装飾が施されたタイプ、猫脚型ではないシンプルラインの脚付き、浴槽全体が変わったフォルムのものなど、多様なデザインでオシャレ度も高いんです!

また、アメリカ発祥のジャグジーバスも、デザイン・形状・大きさなどバリエーションが多彩です。
他人とは違ったオシャレな浴室にしたいなら、輸入バスタブを選ぶと良いでしょう。

■スリーインワン

システムのバリエーションの一つである「スリーインワン」は、浴槽・洗面台・便器の3つの設備が一つの空間に設備されている浴室ユニットのことです。
日本の家庭ではあまり馴染みがないスタイルですが、ホテルに行くとこのスリーインワンタイプの浴室が多いと感じるのではないでしょうか?

外国のホテルなどでは機能性だけでなく、デザイン性も高い空間づくりをしている例が見かけられます。
最近では、日本でも新しい浴室のスタイルとして家庭のお風呂リフォームでスリーインワンを採用する方が少しずつ増えているようです。

■浴室の各種設備

お風呂場をオシャレにするためには、浴槽自体をオシャレなものに変えたり、デザイン性の高い浴室スタイルを取り入れたりするだけでなく、洗面台や鏡、シャワーカーテン等の小さな設備ひとつひとつをオシャレなものにする、という方法もあります。

自分が実現したいお風呂のイメージを明確にして、これらの各種設備にも気を配れば、よりオシャレな空間を作り出せるのではないでしょうか。
費用や工期の問題で「浴槽を取り替えるほどのリフォームはできない」という方でも、アイテムをオシャレなものに変えるだけで全体の雰囲気が変わることもあるので、積極的に新たな設備を取り入れてみましょう。

 

いかがでしたか。
オシャレなお風呂を実現するためのポイントをご紹介しました。
ぜひ自分だけのステキな浴室をつくってくださいね!

リフォームに関するお問合せ