お風呂リフォームをする方必見!沖縄の職人が教える、リフォームで気をつけるべき3つのポイント

テンリフォームの新着情報

お風呂リフォームをする方必見!沖縄の職人が教える、リフォームで気をつけるべき3つのポイント
2017年12月18日

これからお風呂のリフォームをしようとしている方は、どのようなことに注意しているでしょうか。
ひょっとしたら、あまり注意点を考えずにリフォームを計画している方もいらっしゃるかもしれませんね。
しかし、リフォームが終わった後に不備が出てくると、後悔してしまうでしょう。
そこで今回は、お風呂リフォームをするにあたって、気をつけておいた方が良いポイントをご紹介します。

弊社 パネル式在来工法施工例

■窓の大きさに注意!

お風呂リフォームの失敗例で、「窓を大きくした道路からの視線が気になり、落ち着けなくなった」という例があります。
浴室をリフォームしてせっかく窓が大きくなり、本来なら開放的で気持ちが良いはずなのに、「外からの視線が気になるせいでブラインドを閉めっぱなしにしている」、「外に新しく目隠しフェンスを取り付ける羽目に…」ということになっては、元も子もないですよね。

このような失敗をしないためにも、窓の大きさについては、外から見た感じどれぐらいの大きさが丁度良いのか、を考えるようにしましょう。

■浴室の室温に注意!

お風呂では、寒い洗面脱衣所や浴室からいきなり熱いお湯に入ることで、脈拍や血圧の急激な変化を起こし、深刻な体調変化をおこしてしまう「ヒートショック」現象による死亡事故が起きています。
そのため、洗面脱衣所や浴室内は冬でも暖かく保てるようにする必要があります。

浴室暖房換気乾燥機の取り付けや、バスルームの床にお湯を少しまくことで浴室内の温度を上げる機能を持つシステムも導入する工夫をしましょう。
システムバス自体の断熱性能をチェックしておくことも重要です。

■換気に注意!

水回りの浴室で特に気を付けなければならないのが、浴室の換気と乾燥です。
「窓があるから換気扇はいらない」、「洗濯ものは外に干すので浴室乾燥機はいらない」という方もいらっしゃいますが、湿度の高い時期は窓を開けるだけでは乾燥しきれません。

換気扇をつけていないと、いつの間にかコーキングに黒カビが生えていたり、浴槽や排水口の周辺にピンク色のヌメリが出てきたりします。
このような事態にならないためにも、リフォームの際には換気と乾燥機能が一体になった浴室乾燥機を取り付けるように心がけましょう。

 

いかがでしたか。
お風呂のリフォームでは、浴槽のタイプや壁、床の色やデザイン性といった表面的なことだけを考えるのではなく、実際に生活する時の利便性・安全性を考慮に入れる必要がありそうですね。
リフォームを依頼する前に十分に確認しておきましょう。

リフォームに関するお問合せ