後悔しないためのリフォーム業者の選び方とは?沖縄のリフォーム業者が分かりやすく解説!

テンリフォームの新着情報

後悔しないためのリフォーム業者の選び方とは?沖縄のリフォーム業者が分かりやすく解説!
2020年07月14日

「リフォームしたいけど業者がたくさんありすぎてどれを選んだらいいかわからない!」と困ってはいませんか?
リフォームで失敗しないために最も大切なのは業者選びといっても過言ではありません。
大事なリフォームで失敗しないためにはどのように業者を選んだら良いのか、沖縄のリフォーム業者が解説していきます。

□リフォーム業者の種類

一口にリフォーム業者といっても様々な種類のリフォーム業者があって、どれがどう違うのかわかりにくいですよね。
どんなリフォーム業者があるのか説明していきます。

まず挙げられるのは、リフォーム会社でしょう。
リフォームに特化した会社です。
地域密着型のものが多く、どちらかというと小規模なリフォームを専門としています。
当社の事業はこれにあたります。

次に挙げられるのは設計事務所でしょう。
リフォームのデザイン性に強みをもっています。
金額の見積もりや図面の製作までも請け負ってくれることがあります。

他にはハウスメーカーもリフォーム業者として挙げられるでしょう。
大手の有名な業者が多く、安心感と信頼があるのが特徴です。
対応範囲が広いことも挙げられますが、下請け企業に発注する場合が多いので中間マージンが発生し費用がかさんでしまう場合も多いです。

最後に住宅・設備メーカーが挙げられるでしょう。
水回り機器や建材の販売を中心にリフォーム手掛けています。
買い換えたい製品や方向性がすでに決まっている方にお勧めです。

□リフォーム業者を選ぶ決め手

*実績がある業者を選ぶ

せっかくリフォームしても、ふたを開けてみたら思っていたのと違うなんて絶対いやですよね。

そんな状況を防ぐにはどうすれば良いのでしょうか?
それはその業者の過去の実績を見れば防ぎやすいでしょう。
過去のリフォームで自分の希望に合う事例、実績がある業者を選べば、イメージと違うという状況を防げるはずです。

*担当者が信用できる業者を選ぶ

担当者との相性というのも大切です。
例えば、追加工事の可能性などの不利な要素についてもきちんと説明する担当者は信用できると言えるでしょう。

逆に質問と答えがかみ合わなかったり、難しい専門用語ばかり使って分かりにくい説明をしたりする担当者は信用しにくいですよね。

リフォームは担当者と密に話し合って、すり合わせを行うことではじめて実行に移せるものですから、信用に足る担当者を見つけることが大事です。

*保障やアフターケアが充実している業者を選ぶ

リフォームで失敗する例として特に多いのが追加工事が必要となるパターンです。
それを見越したうえで、保証やアフターケアの手厚さで業者を選ぶのも後悔しないために必要なことです。

保障やアフターケアの手厚い業者はそれだけ自社の仕事に自信を持っているということになるので良い業者である可能性も高いです。

□まとめ

今回は、リフォームで後悔しないための業者の選び方について取り上げました。
自分に合っているのはどのような業者なのか、その中でどの業者を選べば良いか、おわかりいただけたでしょうか。
リフォームの業者選びの際にはぜひこの記事をご参照ください。

リフォームに関するお問合せ