Ten Reform
コンセプト
CONCEPT
施工実績
WORKS
リフォームQ&A
FAQ
お客様の声
VOICE
会社案内
COMPANY
リフォームのヒント
BLOG
浴室の床のひび割れの原因と補修方法をご紹介!
2023年11月26日
'

浴室の床のひび割れは、日常生活においてよく見られる問題の一つです。
現代の多くの浴室は、便利で耐久性がある樹脂素材やタイルで作られていますが、時間とともに劣化が進行し、ひび割れの原因となります。
本記事では、浴室床のひび割れの主な原因と、異なる床材における修復方法についてご紹介します。

□浴室の床のひび割れの原因

現代の多くの浴室は、ユニットバスと呼ばれるもので、主に樹脂素材で作られています。
この樹脂素材は軽量で丈夫であり、水に強い特性を持つため、浴室に適しています。
しかし、時間の経過とともに、樹脂素材は劣化し、脆くなる傾向があります。

この現象は一般的に「経年劣化」と呼ばれ、劣化に伴い樹脂内の水分が減少することがあります。
新しい状態では頑丈なプラスチックである樹脂も、劣化や加水分解が進行すると急激に強度が低下し、床にひび割れが生じる可能性が高まります。

床のひび割れが発生すると、徐々に水がしみ出し始め、床の下にある基盤を損傷させる恐れがあります。
そのため、ひび割れは放置せずに修理することが重要です。

さらに、床以外の部位にもひび割れが生じる可能性があることに留意する必要があります。
すでに加水分解が進行している場合、他の箇所にもひび割れ、表面の剥離、最悪の場合は穴が開くことも考えられます。
特に集合住宅の場合、下の階の住民に被害を及ぼす可能性もあるため、ひび割れを発見した際には速やかに修復し、予防策を講じることが極めて重要です。

□ひび割れの補修方法

1.タイル床のひび割れの補修方法

ひび割れたタイル床を修復する際には、一般的にエポキシ系接着剤を使用します。
エポキシ系接着剤は、主成分としてエポキシ樹脂を含んだ接着剤で、硬化することで金属やタイルの目地の補修に適しています。

また、浴室床と浴槽の接合部に生じたひび割れに対しては、高い防水性を備えたペースト状のコーキング材を利用します。
もし、タイル床のひび割れや剥がれが広範囲に及んでおり、劣化が著しい場合は、お風呂全体のリフォームを検討することが得策かもしれません。

2.ユニットバス床のひび割れの補修方法

まずひび割れた部分の下地をエポキシ樹脂やガラスファイバー素材を使用して補修します。
その後、ポリエステル系のシートとPET樹脂を貼り付け、仕上げに塗装します。
これにより、ユニットバスの浴槽と床の一体部分を修復できます。

ユニットバス床のひび割れは放置せず、早急に修復する必要があります。
放置すると、ひび割れが原因で水漏れが発生し、足を怪我する危険性が高まります。

3.FRP床のひび割れの補修方法

FRP床材を使用しているお風呂の床にひび割れが生じた場合、早急に補修が必要です。
この際、浴室専用の床シートを用いた修復方法が適しています。

浴室専用床シートは、FRP床やタイル床などのひび割れや剥離を修復できる素材で、クッション性や耐温水性に優れています。
介護施設や医療施設でも使用されており、高い信頼性があります。

□まとめ

浴室床のひび割れは、早急な対処が必要な問題です。
ひび割れは水漏れや安全上のリスクを引き起こす可能性があるため、放置せずに修復することが大切です。
適切な修復方法を選択し安全で快適な入浴時間を過ごしてくださいね。
本記事が浴室の床のひび割れについて理解する参考になれば幸いです。

合同会社テンリフォーム
〒904-0034 沖縄県沖縄市山内4-1-15
TEL 098-923-2715 FAX:098-923-2716
Google Map
©️ Ten Reform All Rights Reserved.