Ten Reform
コンセプト
CONCEPT
施工実績
WORKS
リフォームQ&A
FAQ
お客様の声
VOICE
会社案内
COMPANY
リフォームのヒント
BLOG
部屋に空気がたまるとどうなる?部屋の空気を循環させる方法もご紹介!
2023年11月29日
'

部屋内に空気が滞ることは、快適な居住環境に対する障害となります。
空気がこもると、息苦しさを感じるというような、さまざまなデメリットが生じます。
本記事では、部屋に空気がこもることによる問題と、部屋の空気を循環させる方法について説明します。

□部屋に空気がこもるとどうなる?

1.息苦しさを感じる可能性がある

室内が密閉され、新鮮な空気の供給が不足する場合、息苦しさを経験することがあります。
そのため、部屋全体がどんよりとした空気や不快なにおいで充満し、居住環境の快適さが減少します。

2.熱がこもりやすくなる

特に夏季になると、部屋内での熱がこもりやすく、室温が上昇します。
この状態では、熱中症のリスクが高まる可能性があります。
エアコンを使用しても、すぐには室内の熱を除去できず、暑い環境に長時間さらされることになります。

3.湿気がたまりやすくなる

特に梅雨や夏季の高湿度の日には、湿気が部屋内にたまりやすく、洗濯物の乾燥が妨げられたり、カビの発生が促進されたりします。
これにより、カビによる健康被害のリスクが高まったり、ジメジメとした不快な暑さを感じたりすることがあります。

□部屋の空気を循環させる方法

*自然換気による空気の循環

室内の空気を循環させるためには、窓やドアを開けて自然換気することが有効です。
新鮮な外気を取り入れ、室内の古い空気を排出できます。
自然換気を効果的に行うためのポイントは以下の通りです。

・2つの窓を対角に開ける

空気の流れを促進するために、部屋の対角にある2つの窓を同時に開けることが効果的です。
この方法で風が部屋内を通り抜け、循環します。
1つの窓だけを開けるよりも効果的です。

・ドアの使用

窓が1つしかない場合、ドアを開けて空気の流れを促進できます。
例えば、飲食店の個室のように窓がない場合、厨房の換気扇を活用したり、個室のドアを開けてサーキュレーターを使用したりすることが考えられます。

*機器を使用した方法

室内の空気を循環させるために、エアコンと一緒にシーリングファンやサーキュレーターなどの機器を使用することがおすすめです。

・シーリングファン

シーリングファンは天井に取り付けられた扇風機で、大きな羽で空気を撹拌し、室内の対流を促進します。
特に天井が高い部屋や吹き抜け天井のある場所で効果的です。

・サーキュレーター

サーキュレーターは、遠くまで風を直線的に送るために設計された機器です。
サーキュレーターを配置することで、室内の空気の流れを改善できます。

□まとめ

部屋内の空気を適切に循環させることは、居住環境の質を向上させ、快適さを取り戻す手助けとなります。
自然換気や適切な機器を使用することで、息苦しさや不快な環境を和らげ、より健康的で快適な部屋を維持できます。
部屋の空気の質を管理し、適切な循環を確保することは、日常の生活の質を向上させる第一歩です。

合同会社テンリフォーム
〒904-0034 沖縄県沖縄市山内4-1-15
TEL 098-923-2715 FAX:098-923-2716
Google Map
©️ Ten Reform All Rights Reserved.