Ten Reform
コンセプト
CONCEPT
施工実績
WORKS
リフォームQ&A
FAQ
お客様の声
VOICE
会社案内
COMPANY
リフォームのヒント
BLOG
家の中が寒くなる理由と寒い家を暖かくする方法をご紹介!
2023年12月15日
'

寒い季節になると、多くの人が自宅で快適に過ごすために悩むことがあります。
家の中が寒くなる原因は、窓からの熱の逃げや床、壁、天井からの熱の放出などが影響しています。
この記事では、家の中が寒くなる原因と寒い家を暖かくするための方法をいくつか紹介します。

□家の中が寒くなる理由は?

家の中が冬に寒くなる原因は、主に窓からの熱の逃げが影響しています。
具体的にいえば、部屋の温かい空気の約半分が窓から外部に漏れ出てしまいます。
同時に、床、壁、天井からも約10%から20%の熱が外部に放出されます。

窓の断熱性能が低い場合、住宅内で使用されている断熱材が優れていても、冬季に暖かな部屋を保つことが難しくなります。
さらに、窓からは外部の寒冷空気が侵入しやすく、寒さの感じ方が増します。

従って、寒さ対策を行う際に窓の断熱性を向上させることが非常に重要であり、床や壁からの熱の逃げを抑えるために適切な対策を講じることが必要です。

□寒い家を暖かくする方法

1.窓に断熱シートを貼る

これにより窓からの熱の逃げを減少させます。
断熱シートは100均でも手に入り、おしゃれな柄が付いたものもあります。

2.カーテンの長さを長めにする

カーテンの下からの冷気をシャットアウトするために、カーテンの長さに注意しましょう。
やや長めのカーテンを選ぶことで冷気の侵入が減少します。

3.コルクマットを活用する

床からの冷気を遮断するために、コルクマットのような敷物を使用しましょう。
これらのアイテムは100均でも入手でき、自分の部屋に合わせて配置できます。
ラグを持っている場合は、コルクマットの上に敷くとさらに効果的です。

4.サーキュレーターを使用する

部屋全体の暖まりを助けるために、サーキュレーターを使用しましょう。
これにより、部屋の空気が均等に循環し、効率的に暖房ができます。

5.すき間風テープを使用する

すきま風を遮断するために、すきま風テープを使用しましょう。
これにより部屋の密閉度が向上し、冷気の侵入を減らします。

6.ドアに断熱シートを貼る

ドアにも断熱シートを貼ることで、ドアからの冷気を減少できます。
これにより結露も防げます。

7.暖房器具を窓際に配置する

既存の暖房器具を効果的に使用するために、窓際に配置しましょう。
これにより、暖房効果が向上し、冷気の侵入も減ります。

□まとめ

家の中が冷くなる理由は、主に窓からの熱の逃げが影響しています。
窓に断熱シートを貼る、カーテンの長さを長めにする、コルクマットを活用するなど、これらの寒さ対策を実施することで、家の中を快適に暖かく維持できます。
窓からの熱逃げを防ぐことや冷気の侵入を抑えることは、エネルギー効率を向上させるだけでなく、暖房コストを削減するのにも役立ちます。
寒冷な季節に備えて、これらの方法を試し、快適な居住空間を確保しましょう。

合同会社テンリフォーム
〒904-0034 沖縄県沖縄市山内4-1-15
TEL 098-923-2715 FAX:098-923-2716
Google Map
©️ Ten Reform All Rights Reserved.