Ten Reform
コンセプト
CONCEPT
施工実績
WORKS
リフォームQ&A
FAQ
お客様の声
VOICE
会社案内
COMPANY
リフォームのヒント
BLOG
寒さ対策の必要性とおすすめの窓の冷気対策をご紹介!
2023年12月23日
'

快適で暮らしやすい家づくりがしたいとお考えの方の中には、冬の部屋の寒さ対策をしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。
寒い季節になると、窓からの冷気が部屋に侵入して、窓ガラス自体も冷たくなりがちです。
本記事では、寒さ対策の必要性と、おすすめの窓の冷気対策をご紹介します。

□冷気を遮断し寒さ対策をしましょう!

寒い季節になると、窓からの冷気が部屋に侵入して、窓ガラス自体も冷たくなりがちです。
特に窓は広い面積を持ち、外気に直接さらされるため、窓の冷たさが部屋全体に影響を及ぼします。

実際、暖房を使う際に窓からの熱の逃げが約58%にもなると言われており、この窓からの熱逃げがあると、部屋がなかなか温まらないことがあります。
また、古い建物の場合、窓のサッシが劣化し、隙間風が入り込むことがあります。
このような状況では、部屋は非常に寒く感じることでしょう。

そのため、部屋を温かく保つために、まず窓に注目し、窓の気密性と断熱性を向上させることが大切です。
これらの改善をすることで、暖房の効率が向上し、電力の節約にもつながります。

□おすすめの窓の冷気対策

1.厚手のカーテンを使用する

厚手のカーテンに切り替えるだけで、室内を暖かく保てます。
さらに、断熱カーテンを利用することも考えましょう。
断熱カーテンは通常のカーテンと同様に取り付けられ、効果的な寒さ対策となります。

2.窓に断熱シートを貼る

断熱シートは窓からの冷気の侵入を防ぎ、暖房効率を向上させます。
窓に貼るだけで、室内の温かさを維持し、窓枠の結露も防げます。
断熱シートは吸着式と粘着式の2つのタイプがあり、使用環境に合わせて選びましょう。

3.緩衝材を窓に貼る

窓に緩衝材を貼ることで、窓と室内に空気の層を作り、室内温度を保ちます。
気泡緩衝材は手ごろな価格で入手でき、窓枠全体を覆うように貼ると効果的です。

4.プラスチック段ボールを窓に立てかける

プラスチック段ボールを窓に立てかけることで、室内と窓に空気の層を作り、暖房の効果を向上します。
プラスチック段ボールは手軽に入手でき、コスト効果の高い寒さ対策となります。

5.窓の隙間を塞ぐ

窓のガラスとサッシの隙間を隙間テープで塞ぐことで、冷気の侵入を防ぎます。
隙間テープを使って窓周りの気密性を向上させましょう。

6.窓の近くに暖房器具を配置する

窓の近くに暖房器具を配置することで、窓下にたまった冷気を温め、室内全体の温度を上げます。
他の寒さ対策と組み合わせると、より効果的な結果が期待できます。

□まとめ

部屋を温かく保つために、まず窓に注目し、窓の気密性と断熱性を向上させることが大切です。
厚手のカーテンを使用する、窓に断熱シートを貼る、緩衝材を窓に貼るなど、これらの対策を組み合わせて実行することで、窓からの寒さを軽減し、快適な室内環境を維持できます。
窓の気密性と断熱性の向上は、暖房の効率を高め、電力の節約につながります。
本記事が冬の部屋の寒さ対策の参考になれば幸いです。

合同会社テンリフォーム
〒904-0034 沖縄県沖縄市山内4-1-15
TEL 098-923-2715 FAX:098-923-2716
Google Map
©️ Ten Reform All Rights Reserved.