Ten Reform
コンセプト
CONCEPT
施工実績
WORKS
リフォームQ&A
FAQ
お客様の声
VOICE
会社案内
COMPANY
リフォームのヒント
BLOG
外壁リフォームのやり方は?手順と外壁リフォームするときの確認事項をご紹介!
2024年1月6日
'

自分好みの家づくりがしたいとお考えの方の中には、外壁リフォームについて知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
外壁リフォームは家の外観をより良くできる施工です。
本記事では、外壁リフォームのやり方と外壁リフォームするときの確認事項をご紹介します。

□外壁リフォームのやり方

1.近隣の方へ挨拶
工事が始まる前に、近隣住民に挨拶をすることが重要です。
外壁塗装は工事中に騒音が発生する可能性があり、また、塗料の匂いや飛散があるため、事前にお知らせして理解を得ることが必要です。

2.足場の組み立て
作業開始前に、安全確保と職人の安定した作業環境のために、家の周囲に足場を組み立てます。
足場の組み立てには、家の周囲の物の移動や植栽の撤去が必要な場合があります。

3.高圧洗浄
塗料を塗る前に、外壁表面の汚れを効果的に取り除くために高圧洗浄機を使用します。
これにより、塗膜の耐久性向上と美しい仕上がりを実現します。
洗浄後には十分な乾燥時間が必要です。

4.養生
養生では、窓サッシや床との境目、エアコン室外機、雨樋、植木など、塗料が付着してはいけない箇所をマスキングテープやビニールカバーで保護します。
これにより、周囲の汚れを防ぐだけでなく、塗装範囲を綺麗な直線で仕上げることが可能です。

5.下地調整
外壁表面に傷や損傷が見られる場合、下地調整工程で穴やヒビの修復を行います。
建物の劣化が進んでいる場合、数日にわたる作業が必要なこともあります。

6.下塗り
下塗りでは、色がついた塗料を塗る前に下地に密着する下塗り材を全体に塗布します。
劣化の状態によっては複数回の下塗りが必要となることもあります。

7.中塗り
中塗りは、下塗りの後で上塗りより前の2層目の作業です。
通常は三回塗りを行い、色のついた塗料を塗布します。

8.上塗り
最終的な仕上げとなる上塗りでは、色のついた塗料を塗布します。
上塗りは外側の層であり、実際の仕上げ色が反映されます。

9.チェック・引き渡し
上塗りが乾燥した後、施主と足場に上がり、仕上がりを確認します。問題がなければ引き渡しとなります。

10.足場の解体
引き渡し作業が終了したら、足場を解体して作業を完了させます。

□外壁リフォームするときの確認事項

1.外壁の張り替えに関する確認事項

あなたの家の外壁が張り替えが必要か、それとも塗装で対処できるかは、外壁の劣化の度合いによって判断されます。
まずは、劣化の状態を確認し、他の手段での対処が難しいかどうかを検討しましょう。

外壁の劣化状況には以下のようなものがあります。

・カビ・コケ・藻
外壁の表面にカビが見られますが、被害は軽微で、デザイン性を気にしない限り、即座の修繕は必要ありません。

・色あせ
塗装した塗料の色が薄くなり、ツヤが失われてきた状態です。
塗料の機能が低下しているため、リフォームの検討が必要です。

・チョーキング
外壁に触れた際に粉がつく状態です。
塗料の機能が完全に失われており、早急なリフォームが必要です。

・塗膜の剥離
塗膜が膨らんでいたり剥がれている状態です。
外壁素材に悪影響が出ている可能性が高く、リフォームが必要です。

・クラック
サイディング外壁やモルタル外壁に深刻なひび割れがあり、雨漏りなどが起きている可能性があります。
即座のリフォームが必要です。

2.部分的な張り替えで問題を解決できるか確認する

どの劣化状況でも基本的には塗装で対処が可能ですが、外壁の内部が雨漏りなどで侵食されている場合は、建物の建て直しが必要になります。
サイディング外壁の一部が劣化している場合は、部分的な張り替えで対処できることもあります。
しかし、部分的な張り替えの場合、同じ素材がないと修復部分の色が目立つ可能性があるため、デザイン性を考慮して全面的な張り替えを検討することが重要です。

□まとめ

外壁リフォームのやり方を事前に知っておくことで、安心して業者の方に任せられます。
また、外壁の劣化状況を確認することで、家の外壁が張り替えが必要か、それとも塗装で対処できるかを判断できます。
本記事が外壁リフォームについて理解を深める参考になれば幸いです。

合同会社テンリフォーム
〒904-0034 沖縄県沖縄市山内4-1-15
TEL 098-923-2715 FAX:098-923-2716
Google Map
©️ Ten Reform All Rights Reserved.