沖縄の方必見!キッチンをリフォームするときの選び方は!?

テンリフォームの新着情報

沖縄の方必見!キッチンをリフォームするときの選び方は!?
2019年07月14日

「キッチンをリフォームしたいけど、選び方がわからない」
「キッチン選びで失敗したくない」
「キッチンの種類などもわからない」
このように思う人はいるのではないでしょうか。
キッチンには形、色、その他オプションがたくさんあり、迷いますよね。
また、身長によってキッチンの最適な高さなども異なるため、キッチン選びは難しく思えます。
そこで、キッチンをリフォームするときの選び方を紹介します。

□キッチンをリフォームするときの選び方

*キッチンの幅を測る

まず、キッチンの幅を測りましょう。
L型のキッチンの場合はシンクがある方を測ります。
リフォームするときは使用しているキッチンを解体して、新しいキッチンを置きます。
そのため、新しいキッチンは使用しているキッチンの幅を参考にして選びます。

*キッチンの型を決める

キッチンにはI型、L型、対面型があります。
型によってメリットとデメリットがあるため、自分に合うものを選びましょう。
例えば、「とにかく安くしたい!」という場合はI型、「子どもの姿を見ながら料理したい!」という場合は対面型です。
キッチンの型は使用しているキッチンの型から変えることができます。

*オプションを決める

食器洗い乾燥機の有無やコンロをIHにするかどうかなど決めることができます。
また、シンクやワークトップなどはそれぞれパーツごとで変更できます。
そのため、「もっと機能的にしたい!」「色を変えたい!」という方はオプションで変更しましょう。

*ワークトップの高さ

ワークトップとは料理するときなどに使う作業台のことです。
ワークトップの高さは「身長÷2+5cm」と言われています。
しかし、ワークトップの高さには個人差があります。
そのため、実際にショールームに行って、実物を見ることをおすすめします。

*ウォールキャビネットの高さと大きさ

ウォールキャビネットとは壁面に設置する収納棚のことです。
一般的にウォールキャビネットは自然に目に入り、簡単に手の届く高さに設置します。
また、大きさは収納を重視する方は大きいものを選び、費用や見た目を重視する方は小さいものを選びましょう。

□まとめ

以上、キッチンをリフォームするときの選び方を紹介しました。
この記事を参考に自分に合ったキッチンを選んでみてはいかがですか。
また、「リフォームにいくらかかるか知りたい!」「リフォームの例を見てみたい!」という方は当社にお問い合わせください。
当社はリフォームの専門家のため、お客様の話を伺い、丁寧に説明させていただきます。

リフォームに関するお問合せ