沖縄の方にリフォームの見積もりでの確認ポイントについて解説します

テンリフォームの新着情報

沖縄の方にリフォームの見積もりでの確認ポイントについて解説します
2019年08月28日

「見積もりで注意することってなに?」
「悪徳業者に引っかかりたくない」

このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
今回はそんな方向けにリフォームの見積もりでの確認ポイントについて詳しく解説します。

□見積もりのチェックポイント

*金額の詳細が書かれているか


見積もり書をもらった時に金額の内訳が書かれているかを確認しましょう。
使っている材料、使った数量、施工の種類がきちんと記載されていれば不当な額を請求される可能性は低いでしょう。
また、見積もりの段階で金額の内訳が記載されていないと、施工が進んでいくうちに新たな施工を提案され、追加料金を支払わされる場合があります。
そういったことを未然に防ぐためにも金額の内訳はしっかり確認しておきましょう。

*有効期限をチェックする


見積もり書には有効期限が設定されている場合が多いです。
まれに有効期限を短くして契約を急かしてくる業者があるそうなので注意が必要です。
また、期限が切れた見積もり書で施工を進めてしまうと、施工後の支払い時に、見積もり書より高い金額を請求されるケースがあります。
契約の前に有効期限をしっかりと確認しておくことをおすすめします。

*相見積もりをする


業者に見積もりをしてもらう際は、複数の業者からしてもらいましょう。
なぜなら、材料や施工の価格は業者間で多少異なる場合がある上に、いくつかの業者から見積もりをしてもらうことによって相場が分かり、悪徳業者に引っかかる可能性が低くなるからです。

*不自然な値引きに注意する


見積もりの際に大幅な値下げや半額キャンペーンを行なっている業者には注意しましょう。
客寄せのためにお得感を演出しており、他の業者と比べても価格はさほど変わらない場合が多いです。
値下げの営業をしてくる業者に言われるがまま契約してしまわないようにしましょう。

*保証の有無をチェックする


まれに保証を見積もり書に記載しない業者があります。
施工中や施工後にトラブルや不備が発生した際に保証がないと全て自己責任になり、自費で賄わなければならなくなる可能性があります。
見積もりの段階で保証の有無は必ず確認しておきましょう。

□まとめ


今回はリフォームの見積もりでの確認ポイントについて詳しく解説しました。
見積もりや契約の際にトラブルが発生するケースが多いです。
悪徳業者に引っかからないためにも注意点を把握しておきましょう。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。

リフォームに関するお問合せ