キッチンリフォームで失敗しないためのポイントとは?沖縄の業者が解説

テンリフォームの新着情報

キッチンリフォームで失敗しないためのポイントとは?沖縄の業者が解説
2020年08月01日

沖縄在住でキッチンのリフォームをお考えの方はいらっしゃいませんか。
キッチンのデザインやスタイルは、いろいろな種類があり、どれが良いのか迷いますよね。
なるべく後悔しないように、リフォームの失敗例を参考に自分に合う物を探しましょう。

今回は、キッチンリフォームで失敗しないためのポイントを紹介します。

□キッチンリフォームでよくある失敗とは

キッチンのタイプは、アイランド、ペニンシュラ、I型など様々です。
それぞれに特徴やメリットがありますが、デメリットも把握しておかないと後悔するかもしれません。

例えば、料理をしながら家族とコミュニケーションが取れる対面式キッチンは人気です。
しかし、対面式キッチンは、必要とする面積が広くリフォーム前より狭く感じてしまうかもしれません。
調理スペースだけでなく、通路も狭くなってしまっては不便ですよね。

また、キッチンをできるだけ明るくするために、自然光を入れる窓を設置する方は多いです。
しかし、窓から差し込む西日が強く、夏場の気温も高くなるため、常温保存の食材がすぐダメに腐ってしまうことがあります。

キッチンリフォームを考える際、レイアウトや間取りだけでなく、日差しや気温、風通しなどの環境にも配慮しましょう。

そのほかに、キッチンの収納にお困りの方は、パントリーを設置したいと考えるかもしれません。
確かに、パントリーは、食品や調味料、食器などキッチン関連のものをなんでも収納できる
ため、非常に便利です。

しかし、大容量のパントリーはその分空間を必要とするため、リビングや他の部屋の間取りを削るかもしれません。
その上、工事費がかさむ上、奥行きが深すぎると使い勝手も悪くなります。
パントリーを設置する場合は、慎重に検討してくださいね。

□後悔しないために気をつけたいこととは

リフォームで後悔しないためには、実現したい希望に優先順位をつけましょう。
例えば、安くリフォームしたい、間取りを変えたい、機能を充実させたい、使いやすくしたいなど希望に優先順位をつけ、その順位に沿って計画を立てましょう。
そうすると、希望漏れがなく後悔しないリフォームができますよ。

また、現在使っているキッチン家電やゴミ箱などをリフォーム後でも収納できるように、サイズを測っておきましょう。
特に、冷蔵庫は将来交換することを想定して、ゆとりを持ってスペースを確保することをおすすめします。

□まとめ

キッチンリフォームのよくある失敗例と注意点を紹介しました。
今回の記事を踏まえて、後悔しないキッチンにリフォームしましょう。
キッチンが、おしゃれで使いやすくなると、毎日の料理が楽しくなりますよ。
当社は、沖縄にてリフォーム事業を取り扱っております。
リフォームで何かお困りの方は、気軽にご相談ください。

リフォームに関するお問合せ