Ten Reform
コンセプト
CONCEPT
施工実績
WORKS
リフォームQ&A
FAQ
お客様の声
VOICE
会社案内
COMPANY
リフォームのヒント
BLOG
お風呂場を最高のリラックスルームに。 お風呂場のリフォームをお考えの方へ大切なポイントをご紹介!
2020年9月13日
'

「お風呂が古くなってきたから新しくリフォームしたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
お風呂場はリラックスする場所として多くの人に利用されているのではないでしょうか。
だからこそ、快適な空間にしたいと思いますよね。
そこで今回は、お風呂場のリフォームで知っておきたいポイントについて紹介します。

□お風呂のリフォームで知っておきたいポイントとは

✳︎浴槽と洗い場にこだわりましょう

お風呂場に必要となるのが浴槽と洗い場です。
特に浴槽には多くのデザインや色、形、サイズがあります。
この中で特に注意すべきはサイズでしょう。
手足が伸ばせて、しっかりとリラックスができるサイズかを確認しましょう。

また、洗い場のサイズも重要となってきます。
浴槽が広くても洗い場が狭くては、不便に感じるでしょう。
浴槽と洗い場のバランスを考えてデザインするようおすすめします。

✳︎安全対策も忘れないよう注意しましょう

浴室で注意すべきなのがヒートショックです。
ヒートショックとは浴室と脱衣所の温度差で起きる血圧の変動のことです。
ヒートショックが原因で心筋梗塞や脳卒中に繋がりかねません。
特に、高齢の方はヒートショックになりやすく注意が必要です。

今は大丈夫だと思っていても、これから高齢になるまで同じお風呂場を使い続けるのであれば、対策を行いましょう。
そこでおすすめなのが、断熱材や暖房機能の導入です。

また、浴室は裸で利用するかつ滑りやすい場所です。
普段よりもこけやすく怪我をしやすいでしょう。
そのため、床の材質を滑りにくいものにしたり、手すりをつけたり、段差をなるべく無くしたりと、怪我をしにくい工夫を心がけましょう。

✳︎掃除のしやすさにも気を配りましょう

お風呂場はカビや水アカが発生しやすいため、定期的な掃除が必要です。
そこで、なるべく掃除が簡単なものにすると良いでしょう。
抗菌処理や防カビ対策がきちんとされているか、手の届きにくいスペースはないかなどの確認をおすすめします。

□リフォームの失敗例について

リフォームを失敗しないためにも、失敗例を知っておくことは大切です。

例えば、ゆとりを持ったサイズにしすぎて失敗した例です。
広いお風呂場は憧れですが、あまりに広くしすぎると温まりにくく、冬場は極寒になってしまいかねません。
掃除の手間が増えるというデメリットもあるため、家族の入浴スタイルなどからちょうど良いサイズを考えましょう。

また、新しいお風呂場はジェットバスやサウナ、ミストなど多くの機能を備えているものがあります。
しかし、つけるだけつけてあまり使わなくなくなってしまったというケースもみられます。
これらの機能はメンテナンスも大変なため、本当に必要なものなのか判断してからつけるようにしましょう。

□まとめ

今回はお風呂場のリフォームで知っておきたいポイントについて紹介しました。
お風呂場は1日の疲れを癒す大切なリラックスルームの1つです。
快適な生活を送るためにもリフォームの際には失敗しないポイントをきちんと押さえて、自分が1番納得のいくデザインにしましょう。
本記事が皆さんの参考になるよう願っています。

合同会社テンリフォーム
〒904-0034 沖縄県沖縄市山内4-1-15
TEL 098-923-2715 FAX:098-923-2716
Google Map
©️ Ten Reform All Rights Reserved.