リフォームで多く見られるトラブルについて沖縄のリフォーム業者が紹介します!

テンリフォームの新着情報

リフォームで多く見られるトラブルについて沖縄のリフォーム業者が紹介します!
2021年01月01日

リフォームは多額の費用がかかるため失敗したくないですよね。
ですが、実際にはリフォームでのトラブルというのは発生しています。
そこで今回は、リフォームでの失敗をしないため、リフォームで多く見られるトラブルについて沖縄のリフォーム業者が紹介します。

*リフォーム後に体調を悪くしてしまった

「工事後の部屋にいると体調が悪くなってしまった」
このように工事後の部屋にいると吐き気や頭痛の症状が出てしまう方がいらっしゃいます。

この症状の原因は、建築材料に使用されている物質が影響したハウスシック症候群である可能性が高いです。

リフォームは住宅を変化させるため、住宅の気密性が上がり、空気の流れが悪くなることで化学物質やダニ、カビが滞留、繁殖しやすくなることにより身体がそれらに反応する環境が作られることもあります。

そのため、敏感な体質の方は、業者と入念な相談を行い、トラブルを未然に防ぐようにしましょう。

*工事の騒音による近隣から苦情がきてしまった

リフォームでのトラブルで多く見られるのがこの騒音によるトラブルです。

工事はどうしても大きな音や振動を伴うものですよね。
もちろん、業者も騒音対策は行っていますが多少の騒音や振動は発生してしまいます。

ですが、多くの騒音トラブルは未然に防ぐこともできます。

ほとんどの場合では、事前にお知らせを行うなどして、工事が行われることを周知してもらうことができれば騒音や振動も理解してもらうことが可能です。

そのため、工事が行われる予定が決まった際には、予定の近日にこのトラブルの予防として近隣の方へのお知らせを忘れないようにしましょう。

*リフォーム後に予定通り施工が行われていないことが分かった

リフォーム後というのはリフォーム内容にも満足してしまい盲点となりやすいですが、実際トラブルが発生することもあります。

中でも多いのが、工事後に失敗箇所や施工漏れの部分が見つかるといったトラブルです。

業者からサインを求められるとついつい確認せずにサインをしてしまうことは多々ありますよね。

リフォームの工事の際、施工後の状態を確認せずに業者にサインをしてしまうと後々に大きなトラブルになることがあります。

そのため、工事が完了したときには、当初の予定通りの施工が行われているか、失敗箇所はないかなどご自身の目で確認するようにしましょう。

また、確認をした際に不安に思う点などがありましたら、サインを行う前に業者に確認をすることでトラブルを防ぐことができます。

□まとめ

今回はリフォームで多く見られるトラブルについて沖縄のリフォーム業者が紹介しました。
ここで紹介したトラブルは一例にすぎませんが、このようなトラブルで失敗しないために業者と密に相談をすることをおすすめいたします。
沖縄でリフォームを検討している方はお気軽に当社までご相談ください。

リフォームに関するお問合せ