Ten Reform
コンセプト
CONCEPT
施工実績
WORKS
リフォームQ&A
FAQ
お客様の声
VOICE
会社案内
COMPANY
リフォームのヒント
BLOG
浴室の床におすすめの色と選ぶポイントをご紹介!
2023年10月29日
'

浴室の床の色を選ぶ際、その色が浴室全体の雰囲気や実用性に与える影響を考慮することが大切です。
床の色選びの目的は、開放感を演出したいか、汚れが目立たないようにしたいか、あるいは高級感を出したいか、のように人によって異なるからです。
本記事では、浴室におすすめの床の色と選び方について詳しく説明します。

□浴室の床におすすめの色

1:ホワイトカラー系

ホワイトやベージュなどの明るい色は、お風呂の空間を広々と感じさせます。
清潔感とシンプルさが魅力で、定番のカラーと言えます。
水アカや湯アカが目立ちにくいのが利点ですが、髪の毛やピンクカビは目立つことがあり、頻繁な掃除が必要です。
全体をホワイトでまとめて物足りなく感じた場合は、壁の一部を別の色でアクセントにすることをおすすめします。

2.ダークカラー系

黒、茶色、紺色などのダークカラーは、シックで落ち着いた雰囲気を醸し出します。
重厚感があり、贅沢なバスタイムを楽しむのに適しています。
ただし、白い水アカが目立つ欠点があり、定期的な掃除が必要です。
浴槽にダークカラーを使用するとお湯がきれいに見えないこともあり、部分的に色を使い分けることがおすすめです。

3.パステルカラー系

ホワイトにピンク、イエロー、グリーンなどのパステルカラーは、明るく柔らかな雰囲気を醸し出します。
水アカが目立ちにくく、清潔感がありますが、飽きやすい色である点に注意が必要です。
個性的なカラーを取り入れたい場合、全体ではなく壁や浴槽の一部に使うことを検討してみてください。

4.ビビッドカラー系

ビビッドな色は個性的で目を引く印象を与えます。
明るさを求める方には赤やオレンジの暖色系が適しています。
ただし、全体に取り入れると落ち着かない印象を与え、リラックスが難しいかもしれません。
ビビッドカラーを使用する場合、ホワイトをベースにしてアクセントとして活用することがおすすめです。

□浴室の床の色選びのポイント

1.開放的な雰囲気を求める
開放感を持たせたい場合、白色をベースに使用することを検討してください。
白は浴室を広々と感じさせ、明るく開放的な雰囲気を醸し出します。
黒色や茶色系は圧迫感を与えることがありますので、床に黒を使用し、天井と壁は白でまとめるなど、バランスを取ることが大切です。

2.汚れを目立たせたくない
汚れが目立ちにくい色を選びたい場合、灰色や青色などが適しています。
これらの色は汚れとの対比が少ないため、浴室を清潔に保ちやすくなります。
黒や赤などは水垢やカビ、髪の毛が目立ちやすいため、汚れに敏感な方は避けるべきです。

3.高級感を演出したい
高級感を出したい場合、黒や赤は優れた選択肢です。
これらの色に光沢感を加えることで、高級感を一層引き立てられます。
シックな黒や赤に光沢を加えることで、金や銀を使わずにも高級感を演出できます。
一方、茶色、青色、緑色などは素朴な印象を持たせる色です。
高級感を強調したい場合は、これらの色は避けることをおすすめします。

□まとめ

浴室の床の色選びは、お風呂の使い心地や雰囲気に大きな影響を与える要素です。
開放感を求めるなら白色を、汚れを気にせず清潔感を保ちたいなら灰色や青色を、高級感を演出したいなら黒や赤を検討しましょう。
床の色を工夫することで、快適で魅力的なバスタイムを楽しめます。
どんな色を選ぶ場合でも、自分の好みやライフスタイルに合わせて最適な選択をし、理想の浴室空間を実現してみてくださいね。

合同会社テンリフォーム
〒904-0034 沖縄県沖縄市山内4-1-15
TEL 098-923-2715 FAX:098-923-2716
Google Map
©️ Ten Reform All Rights Reserved.