Ten Reform
コンセプト
CONCEPT
施工実績
WORKS
リフォームQ&A
FAQ
お客様の声
VOICE
会社案内
COMPANY
リフォームのヒント
BLOG
家の中が寒くなる原因と冬の寒さ対策のリフォームの種類をご紹介!
2023年12月3日
'

冷たい冬季において、家の中で暖かさを保つことは快適な生活の鍵となります。

しかし、家の中が寒くなる原因が存在し、それを解決するための対策が必要です。
主な寒さの原因は、断熱・気密性能の不足とコールドドラフト現象です。
本記事では、家の中が寒くなる原因と冬の寒さ対策のリフォームの種類についてご紹介します。

□家の中が寒くなる原因

1.断熱・気密性能の低さ

家の中が寒くなる主な原因の一つは、断熱・気密性能が低いことです。
低い性能の家では、壁や窓から冷気が侵入しやすく、室内の温度が上がりにくくなります。
特に古い家や木造住宅では、建材や窓の劣化により隙間風が入りやすく、寒さを感じやすくなります。

2.コールドドラフト現象

コールドドラフト現象が発生すると、室内が寒くなります。
この現象は、断熱性能の低さや気密性の不良に起因することがあります。
足元に寒さを感じることが多く、床下が冷えることで底冷えの問題が生じます。
暖房を使用しても、室内温度や床の温度が上がりにくくなるため、コールドドラフト現象が疑われることがあります。

□冬の寒さ対策のリフォームの種類

1.内窓の取り付け・窓の交換

窓は冷気の侵入源となります。
古い窓や低性能な窓は室内寒さの原因となります。
高性能な窓に交換するか、内窓を取り付けて断熱性を向上できます。

2.在来浴室からユニットバスへの交換

古い在来浴室は断熱性が低く、浴室の寒さが感じられます。
ユニットバスに交換することで断熱性を向上させ、快適な入浴環境を確保できます。

3.床暖房の取り付け

床暖房は足元から暖かさを提供し、寒さを感じにくくします。
既存の床の上に設置する方法や床を一度取り払って設置する方法があります。
ただし、光熱費に注意が必要です。

4.浴室への暖房器具の取り付け

浴室の寒さが気になる場合、暖房器具を取り付けることで快適な入浴環境を実現できます。
また、暖房器具の設置は高齢者の安全を確保するためにも重要です。

5.床下への断熱材の設置

建物の床下に断熱材を設置することで、底冷えを防ぎます。
建物の断熱性能を向上させ、室内の温度を安定させる効果があります。

□まとめ

家の中が寒くなる原因として、断熱・気密性能の低さとコールドドラフト現象が挙げられます。
これらの原因による寒さ対策として、断熱・気密性能の向上、窓や浴室の交換、床暖房の導入、暖房器具の設置、床下の断熱材の設置など、さまざまなリフォームオプションがあります。
これらの対策を組み合わせて、室内の寒さから解放され、快適な暖かさを楽しめます。
本記事を参考に、家の中で暖かさを感じるためのリフォームを検討してみてくださいね。

合同会社テンリフォーム
〒904-0034 沖縄県沖縄市山内4-1-15
TEL 098-923-2715 FAX:098-923-2716
Google Map
©️ Ten Reform All Rights Reserved.