キッチンのリフォームで失敗しない方法とは?|沖縄の業者がご紹介

テンリフォームの新着情報

キッチンのリフォームで失敗しない方法とは?|沖縄の業者がご紹介
2018年08月18日

「キッチンのリフォームを考えているが失敗しないか不安」
「キッチンのリフォームで失敗するところには何があるの?」
そんな思いをお持ちではないでしょうか?

今のキッチンが不便でリフォームを考えている方は、思い描いているプランで本当に大丈夫なのかと不安になりますよね。
そこで今回は、キッチンのリフォームで失敗する例について解説していきます。

 

◇キッチンリフォームで失敗する例とは?

キッチンリフォームを計画するとき、見た目だけで選んだという方はいらっしゃいませんか?
確かに、料理をするときに、キッチンのデザインがおしゃれだとやる気もでますよね。

しかし、デザインを意識しすぎたために、使い勝手はそこまでよくなかった、なんて可能性もあります。特に、主婦の方は、キッチンが不便だとストレスが溜まりますよね。

では、実際にキッチンのリフォームで失敗した例にはどんなものがあるのでしょうか?

 

・シンクが大きすぎて調理スペースが狭くなってしまった

大きなシンクがあったらいいのになという憧れを抱くこともありますよね。
シンクが大きいと洗い物もしやすくて便利になります。
しかし、シンクの大きさの分調理スペースが狭くなるということを理解しておきましょう。
キッチンのリフォームのときには、実際に使うとどうなるのかを想像して、配置を決めるといいですよ。

 

・キッチンの床が滑りやすくなった

キッチンの雰囲気を良くするために、床をおしゃれにしたい方もいらっしゃるでしょう。
しかし、キッチンでは、油が飛び散ることがあります。
そのため、タイルのような床材にすると、油で滑りやすくなって危険になる場合もあるので注意が必要です。
キッチンの床はどうしても汚れがついてしまうものです。そのため、掃除がしやすく、汚れが目立たない床材にすることをおすすめします。

 

・冷蔵庫の配置が悪い

キッチンのレイアウトを考えるときに、忘れがちなのが冷蔵庫の配置です。
冷蔵庫の配置は、実際にどんな動線で料理するかをイメージして考えるようにしましょう。
そうすると、キッチンでの作業効率も上がり、無駄な労力をかけずに料理できるようになります。

 

◇最後に

今回は、キッチンのリフォームで失敗する例について解説していきました。
キッチンのリフォームを計画するときには、後悔しないようにしっかりと事前に配置を考えるようにしましょう。
もし、リフォームで気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

リフォームに関するお問合せ