リフォームの失敗を防ぐポイントとは?沖縄の業者が解説

テンリフォームの新着情報

リフォームの失敗を防ぐポイントとは?沖縄の業者が解説
2018年10月21日

これからお家のリフォームをしようとお考えの方で、
「もしリフォームをして想像通りの仕上がりにならなかったらどうしよう?」
「理想通りにするには、どういう点に注意したら良いんだろう?」
とお思いの方はいらっしゃいませんか?
そこで今回は、リフォームの失敗を防ぐ方法をご紹介します。
是非参考にしてみてくださいね。

□見積書や計画書にご注目

リフォームで失敗した事例としては、

・業者選びの段階までは親身な対応をしてくれたが、実際に工事が始まると態度が激変し、完成形も自分たちの意図が全く汲み取られていなかった
・工事の計画が不透明でいつ終わるのか全く分からなかった

などといったケースがよくあります。
そのようなトラブルは避けたいですよね。
ではどうすればこのようなリフォームの失敗を防ぐことができるのでしょうか?

その対策方法として、まずは「計画書を提示してもらう」ということが挙げられます。
理想通りのリフォームを実現するには、
「いつから、どの部分を、いつまでに、どのように工事するのか」
この点について、業者とあなたとの間で意見が一致していなければなりません。
いつから工事を始めるのか分からず、着工日になるまで業者の方から連絡がこなくて心配したという声も上がっています。
食い違いをなくすためにも、契約内容や施工計画をしっかり確認して書面に残しておくとよいでしょう。

次に、「見積書を提示してもらう」ということも必要です。
計画書と同様に、金額についても事前に書面に残すことで、後になって想定外の金額を請求されるといったトラブルを回避することができます。
また、一応見積書を出すものの、ざっくりとした内容で詳細な点がほとんど不明という場合もあります。
何に対していくらの費用がかかっているのか、見積書を見ただけでは分からないという場合、業者に聞いてみましょう。
疑問は早めに解消しておくことがトラブル回避のカギです。

信頼できる業者はしっかりと工事の計画書をお客様に提示し、疑問についても丁寧に対応します。
このような業者と契約することができれば、工事が失敗に終わってしまうということもないでしょう。

今回は、リフォームにおいて失敗しないためのポイントを2つご紹介しました。
やはりご自身のお住まいを今よりももっと素敵にするために行うリフォームにおいて失敗は絶対に避けたいことですよね。
是非以上の点を参考にして、あなたのお住まいを素敵に変身させてみてくださいね。

リフォームに関するお問合せ