リフォームの流れやかかる期間について沖縄の業者が解説

テンリフォームの新着情報

リフォームの流れやかかる期間について沖縄の業者が解説
2019年04月14日

沖縄でリフォームを行う場合には押さえておきたいことが、どのような流れでどれくらいの期間がかかるかということになります。

すごく長く施工に時間がかかったり、逆に短すぎる場合には危険なことがあるかもしれないのでしっかりと把握しておくことが大事です。

少しでも知っておくことで安心できたり、気になる点を指摘することができるので多少は知識を付けておくことが大切です。


リフォームを行う際の流れとしては、業者に連絡をして工事をして完成といった単純な流れではありません。

連絡をすることは当然ですが、そのあとに現地調査にきて見積もりを出してもらいます。

いくつかの業者に見積もりを依頼している場合は、それが揃うまで待ち検討して決めることになります。

そのあとに工程などの打ち合わせを行い、着工そして完工という流れです。

ここで注意しなければいけないことが、リフォームを行う箇所によっては準備期間のほうが長くなる可能性がある点です。


業者に連絡をしてから現地調査に来てもらうまでに、早ければ翌日ですが一週間ほどは見ておくことが必要になります。

また調査から見積もりを出すまでに一週間ほどかかると想定し、複数社で見積もりしてもらうのであれば2週間ほどは考えておかなければいけません。

そしてその間に自分でも情報を集めたりして、どのようにしたいのかしっかりとイメージを固めておく必要があります。

そうして工事を依頼する会社を決めることになりますが、それまでに1ヶ月から1ヶ月半くらいはかかることもあります。

その後、工程の打ち合わせを行い着工するまでに1ヶ月ほどかかることもあるので、リフォームを行う際は時間に余裕をもっておくことが大事です。

着工から完工まではユニットバスからユニットバスであれば、4日前後くらいで完成します。

またトイレの便器だけを交換するのであれば着工から完工まで半日程度で終わることもあり、どの場所を工事するのかにより期間に大きな差があります。


リフォームの規模によっても違ってきますが、規模が大きいほど時間はかかるので気を付けなければいけません。

複数社で見積もりを取らず依頼する業者を決めているのであれば、かかる期間を少なくすることはできます。

その際にはその業者が信頼できるのか、色々な面から調べて納得がいっている場合に依頼することが大事です。

期間も長いですが費用も高いものであるので、十分に見極めることが大切になります。

評判のいい業者であれば安心して工事を任せることができるので、選ぶ際は施工事例なども確認して十分に吟味しましょう。

リフォームに関するお問合せ