費用をなるべく軽減、補助金の種類って?|沖縄でのリフォーム

テンリフォームの新着情報

費用をなるべく軽減、補助金の種類って?|沖縄でのリフォーム
2019年06月09日

沖縄でリフォームを考えている方はできるだけコスト削減をしたいでしょう。リフォームは結構費用のかかる作業なのでまとまったお金が必要です。日本ではリフォームをするときに補助金が用意されているので、これをうまく利用すればリフォームのコスト削減ができます。具体的にどのような補助金が用意されているのか知っておくと便利です。

リフォームをするときの補助金には介護保険制度と呼ばれるものがあります。これはバリアフリーの住宅にするために利用できるものです。条件として要支援または要介護の1から5と認定された人が住んでいる家をリフォームするときに適用されます。手すりなどの設備を取り付けるときにかかる費用の内20万円までに対応、その金額の9割を補助してくれるのが強みです。こちらは補助の対象が決まっているうえに手続きも必要なので、ケアマネジャーに相談をしましょう。

太陽光発電システムを自宅に取り付けたいときに利用できる補助金も用意されています。自治体が行っているもので初期導入コストのかかる太陽光発電システムを安価に導入できるのがメリットです。省エネリフォームと呼ばれる制度も用意されていて、こちらは太陽光発電システムの補助金と一緒に使うとお得感が増します。LED照明の設置や省エネ性の高い給湯器の設置を安価に行えるのがメリットです。ちなみに工事の内容により補助金の額は変化しますが、5万円から20万円くらいです。

省エネの補助金等は各自治体の担当窓口にて受付を行っている場合がほとんどです。毎年行っているサービスで、予算内でお金が支給されます。基本的に早いものがちで利用できるサービスなので早めの利用がおすすめです。情報収集などを行い、利用する時期を決めておきましょう。

家をリフォームするときには減税も適用されます。耐震などの作業を行ったときに所得税の控除や固定資産税の削減を行えます。税に関した優遇もうまく使うことでコスト削減ができるでしょう。こちらは確定申告や必要書類の提出などの条件が付きます。自己資金を利用してバリアフリーなどを行ったときには最大20万円から25万円の控除を受けることが可能です。

ローンを組んでそれを支払いに充てたときには5年間で最大60万円の控除を受けられるので覚えておきましょう。リビングなどの特定の個室に限定した改良工事を行ったときには自治体による補助策を利用できます。地元活性化のために行っているサービスの1つで、補助金の額は10万円くらいとそれほど多くありません。ですがうまく利用をすればさらなるコスト削減が可能です。

リフォームに関するお問合せ