リフォームで起きるトラブルの事例について沖縄の業者が解説します!

テンリフォームの新着情報

リフォームで起きるトラブルの事例について沖縄の業者が解説します!
2019年11月05日

「リフォームをする際のトラブルはどんなものがあるか知りたい。」
「リフォームのトラブルの具体的な事例についておきたい。」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。
今までリフォームの経験がない方は、どんなトラブルが起きるのか事前に把握しておきたいですよね。
そこで今回は、リフォームで起きるトラブルの事例について紹介します。

□よく起こるトラブル

*工事予定日が過ぎたのに工事が開始されない

このような事例は今までにいくつかあります。
契約料金を支払って、荷物を移動させたり、他の住居に移動したりしているのに、期間がきても工事が開始しないと不安ですよね。
このような場合のときはまずは業者に連絡しましょう。
改善されない場合は、契約を解除できます。
また、トラブルが起きないようにリフォームを頼む業者の評価を契約する前に調べておきましょう。

*リフォームをした後に体調が悪くなる

アレルギー体質の方や持病をお持ちの方は工事後に体調が悪くなる方がいます。
そんな方はシックハウス症候群かもしれません。
室内にいるだけで頭痛や吐き気、目がチカチカする、咳が出るといった症状が出た方は要注意です。
この原因は内装材や塗料、接着剤などの建材から発散される化学物質とされています。
リフォーム後はなるべく窓を開け、換気を心がけるようにしましょう。

*仕上がりが思っていたものと違った

屋根塗装や外壁塗装などの張り替えリフォームや部屋のクロス張り替えの模様替えで起こりやすいのがこのパターンです。
外壁の色は光の当たり方によって変わってきます。
薄い色は特に日なた、日陰、朝夕、日中でイメージが変わってくるはずです。
サンプルを事前にもらい、実際の環境での確認をおすすめします。

*追加請求をされた

リフォームの工事内容について、しっかりと契約がされていないことで起こるケースです。
リフォームが終わってから工事のやり直しになると解決が難しくなります。
請負契約書、図面、見積書等をよくチェックしておき、工事の内容について業者の方と食い違いがないようにしましょう。
特に工事範囲についてトラブルが起きることがあるので注意しましょう。

□まとめ

今回はリフォームで起きるトラブルの事例について紹介しました。
これらを知っておくと、事前にトラブルの発生を防げます。
また、実際にトラブルが起きてしまった場合にも焦らず対応できるでしょう。
当社では沖縄でリフォームを行っています。
リフォームについて考えている方はお気軽にご相談ください。

リフォームに関するお問合せ