Ten Reform
コンセプト
CONCEPT
施工実績
WORKS
リフォームQ&A
FAQ
お客様の声
VOICE
会社案内
COMPANY
リフォームのヒント
BLOG
沖縄の方ご注目、リフォームの際のキッチン台の選び方
2019年12月20日
'

家の中でもキッチン台は、日々の暮らしには欠かせない設備です。後から後悔しないためにも、リフォームの際には慎重に選ぶ必要があります。

まず最初に大切な選び方のポイントは、いかに自分にとって使い勝手のよいものを選ぶのかということ。これを抑えておくと、家事の作業効率もアップします。選ぶ際には毎日の作業の流れをよく考えて、動線や収納性さらにサイズやタイプ等を絞っていきます。

例えばフライパンや鍋など調理で頻繁に使用する器具類を収納するスペースなら、コンロのすぐそばに設置すると、動線も短くて済みます。お皿や茶碗など食卓で必要な食器類の収納スペースも、キッチンのワークトップとダイニングまたはリビングとの動線が、最短でスムーズになるように設置します。同時に食器類の使用頻度ごとに分類して、高さや段あるいは仕切り等も考えます。

そしてキッチン台のサイズも忘れてはならないポイント。シンクが広いものならば、フライパンや圧力鍋のような比較的大きい調理器具も、余裕をもって洗うことができます。またワークトップについても、フラットかつワイドなサイズにすることで、調理のしやすさも格段に向上します。

ちなみに奥行きは65センチ、間口は2メートル55センチのタイプが今では主流です。ワークトップの高さも80センチ、85センチ、90センチの3タイプが標準的とされています。ただしメーカーやリフォーム会社によっては、1センチ単位できめ細かく調整してもらえるケースもあります。毎日の調理で長時間作業するゾーンだからこそ、サイズや高さは慎重に決めることが肝心です。

キッチン台を選ぶにあたっては、お手入れのしやすさも選び方の重要なポイント。そのためには素材や構造もよくチェックしましょう。例えばワークトップの素材だけでも、ステンレスや人造大理石など色々あります。また構造についても、お手入れ不要なレンジフードや、排水口に汚水が流れやすいシンク、あるいはレンジのつなぎ目を無くして汚れがたまりにくいワークトップなど、多岐にわたります。

さらに選び方で忘れてはならないのが、耐久性です。日々の暮らしの中で使用頻度の高い設備なので、これは重要なポイントになります。特にワークトップについてはキズや凹みあるいは腐食などのしにくい、頑丈な素材を選ぶことがポイントです。

デザインも重視すべきポイントです。キッチンとリビングまたはダイニングと一体化した間取りの家であれば、特にこだわる必要があります。内装や家具類と調和するように全体の統一感やバランス、あるいは自分の好みや家庭の事情などに配慮しながら決めていくとよいでしょう。

合同会社テンリフォーム
〒904-0034 沖縄県沖縄市山内4-1-15
TEL 098-923-2715 FAX:098-923-2716
Google Map
©️ Ten Reform All Rights Reserved.