沖縄でのリフォームの失敗例とそうならないための方法を紹介!

テンリフォームの新着情報

沖縄でのリフォームの失敗例とそうならないための方法を紹介!
2020年06月05日

沖縄で家をリフォームする際、たくさんのリフォーム会社を検討すると思います。
リフォーム会社を選ぶ際に、失敗はしたくないですよね。
リフォームには高額な費用がかかる場合があります。
しかし、失敗しても費用は返ってきません。
また、気付いたときは、もう手遅れの場合があります。
今回は、リフォームの失敗例を紹介します。

□リフォーム会社選びのよくある失敗

家のリフォームは費用も高く、重大なイベントです。
生活する上で使う設備を改修したり、トイレやキッチン、風呂といった設備を新しいモデルにしたりと、大規模なリフォームがあります。
そうした費用と時間もかかるリフォームで失敗したくありませんよね。
そのため、失敗例をもとに対策も加えて紹介します。

*他に安い業者があった

まず、よくある例は、業者によってかかる費用が違い、あの業者の方が安かったと後から嘆いてしまう失敗です。
価格の設定は、業者によって大きく違うことが多くあります。
また、屋根や外壁はAの会社が安く、キッチンやトイレの水回り系統はBの会社が安い、というパターンがあるため、業者選びは価格や費用を丁寧に比較することが良い対策になるでしょう。

*選んだリフォーム会社に保証がついていなかった

保証のない会社にリフォームを依頼すると、トラブルの原因になる場合があります。
例えば、外壁の塗り替えを注文した場合、完成を見ると、注文した色とかなり異なっていることがあるかもしれません。
保証のない会社に依頼している場合、指摘しても塗り直してもらえないでしょう。

大体のリフォーム会社は5年ほどの保証がついています。
しかし、中には安さを売りにして保証をつけない商法で、手抜き工事をする会社があります。
安いからといって安直に業者を選ぶのではなく、保証のしっかりした業者間で費用や価格を比較しましょう。

*費用について業者と話し合わなかった

業者に見積もりを出してもらい、契約を交わすことで、リフォームがはじまります。
リフォームが終わった後に料金を確認すると、見積もりで提示された額と、実際の金額が大きく異なっている場合があります。
これは、工事中に思わぬイレギュラーがあった場合によく見られます。
そのイレギュラーな事態を乗り越えないと最後までリフォームが行えません。
そのような場合は、業者の方から説明があり、見積もりよりも料金が高くなる理由を詳しく教えてくれるでしょう。

長年使っていた家をリフォームした場合はそうしたイレギュラーの発生は仕方のないことです。
特に、古い家をリフォームする場合は、見積もりの料金よりも少し大きく見積もってリフォームに臨みましょう。

□まとめ

今回は沖縄でよくある失敗例について紹介しました。
自分の判断が良いリフォームにするかどうかを大きく分けるため、上手に比較して決断しましょう。

リフォームに関するお問合せ