沖縄のリフォーム業者が教えます!リフォームにかかる期間を短縮する方法とは?

テンリフォームの新着情報

沖縄のリフォーム業者が教えます!リフォームにかかる期間を短縮する方法とは?
2020年11月17日

同じリフォームでも、リフォーム箇所や規模によって、工事期間は大きく異なります。
工事期間中は、生活が制限され、何かと不便に感じることも多いのではないでしょうか。
そんなリフォームにかかる期間は少しでも短縮したいですよね。
そこで今回は、沖縄の業者がリフォームにかかる期間を短縮する方法をご紹介します。

□リフォームにかかる期間を短縮する方法とは

リフォームと言えば1日で済むものもあれば1ヶ月以上かかるものまで様々ですよね。
長い工事期間を要するリフォームも理想の家を手に入れるためには仕方のない問題ですが、できるだけ期間は短縮したいものです。
それではさっそくリフォームにかかる期間を短縮する方法をご紹介します。

*工事を月曜日から開始する

リフォームにかかる期間を短縮する方法の1つは、工事を月曜日から開始することです。
リフォームの工事は、近隣への迷惑や職人の休日を確保するため、通常日曜日には作業を行いません。
さらに施主が家にそのまま住んでいる状態でリフォームを行う場合は、住人への配慮として土曜日も休日とすることもあります。
こうした影響から工事を行える日程は限られるため、必然的にリフォームにかかる期間は延びてしまいます。

このような点を踏まえて、工事初日は月曜日にしてもらうようにしましょう。
月曜から工事が始めると、自動的に土日をまたぐ回数が減りますよね。
短縮できる期間は数日ですが、少しでも早くリフォーム後の家で生活したい方にはおすすめです。

*仮住まいへ引っ越す

リフォームの工事をよりスムーズに進めてもらうために、一時的に仮住まいに引っ越しするもの良いでしょう。
施主が家にいる状態で行う作業は、施主やその家族への配慮からどうしても1日の作業量が限られ、工事計画通りに進められないこともあります。
さらに家具を移動させるなど、工事とは別の作業も増えるため、作業のスムーズさに欠けてしまいます。
こうした職人の手間が増えることは、リフォームにかかる期間が長引きやすい原因の1つです。

1日で済んでしまうようなリフォームであれば家にいながらでもそう大きく影響しませんが、規模が大きいリフォームは仮住まいへの引っ越しも検討しましょう。
施主がいない状態であれば、職人がさらに作業しやすくなり、工事をスピーディーに進められます。

□まとめ

今回は、リフォームにかかる期間を短縮する方法についてご紹介しました。
少しでも早くリフォームを終わらせるためには、業者が作業しやすいような環境づくりを行うことが大切と言えるでしょう。
ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、リフォームについて検討してみてください。

リフォームに関するお問合せ