バリアフリーキッチンに関する高さなどのポイントを解説!

テンリフォームの新着情報

バリアフリーキッチンに関する高さなどのポイントを解説!
2022年05月27日

「バリアフリーのキッチンについて具体的にわからない」
このようにお悩みの方は必見です。
この記事では、バリアフリーのキッチンについて詳しく解説します。
ぜひ参考にしてください。

□バリアフリーキッチンについて

この章では、バリアフリーキッチンについて解説します。
バリアフリーキッチンとは、全ての動作が座ったままでできるキッチンのことです。
例えば、キッチンでの作業や料理を車椅子に乗ったままで不自由なく作業できます。
足が不自由でも、バリアフリー化されていることでスムーズに料理を進められます。

ここからは、このバリアフリーキッチンをつくる際に気を付けていただきたい3つのポイントを説明します。

1つ目は、スイッチを手元にまとめることです。
生活で必要な乾燥機やキッチンのスイッチを1箇所に集めることで、便利なキッチンにできます。
さらに、スイッチの場所を決める際には、座っていても手の届く位置に集めることで車椅子でも作業がしやすいです。

2つ目は、キッチンカウンターの下を空けることです。
車椅子に乗っている際に、膝を入れられる空間をシンクの下に設けることもおすすめです。
排水パイプも奥や脇に配置するといった工夫をすることで空間を確保できます。

3つ目は、浅いシンクにすることです。
シンクの高さはバリアフリーキッチンにおいてとても大切です。
どのような人でも届く位置にすることがバリアフリー化に繋がります。
センサーをつけて蛇口を捻らなくても良いようにするなどの工夫をすることで、誰でも使いやすいシンクが作れます。

□車椅子で使用しやすいキッチンにするポイントについて

ここでは、車椅子で使用しやすいキッチンにするための2つのポイントについて解説します。

1つ目は、手元にスイッチをまとめることです。
先述したとおり、手元にスイッチを集めることで車いすで料理する方にとって使いやすいキッチンになります。
また、ワイヤレスリモコンでスイッチのオン・オフを切り替えられるようにすることもおすすめです。

2つ目は、高さが変えられるカウンターを設置することです。
車椅子の人でも、立ったまま作業ができる人でもどちらの人にとっても高さが変えられるカウンターがあると便利です。
スイッチを押すだけで高さの調節ができるものを導入することで、誰にでも優しいバリアフリーなキッチンをつくれます。

□まとめ

今回は、バリアフリーのキッチンについて詳しく解説しました。
バリアフリーのキッチンのポイントと詳しい内容に関してのご理解をいただいた上で、一度ご検討よろしくお願いいたします。
また、バリアフリーのキッチンを実際に検討している方はぜひ一度当社にご相談ください。

リフォームに関するお問合せ